あでやか

ため息が出そうな門前の紅葉

境内地内の寒緋桜もも咲きはじめ、白から桃色へとお色直しする桜

朝散歩の方々から「紅葉と桜、後ろには松があり、ここの秋が楽しみなんです。楽しみができると長生きができそうでね」と話しかけてくれます。

そんなよい朝を迎え、ここぞとばかり予定変更。

黒小豆の殻をとり、少しずつ傷つかぬようそっと磨きます。

そして、畑に石が入らぬ工夫のためホームセンターへ乗せていってもらい、道具?を購入してきました。

午後からは、不動護摩の供えものの大麦と小麦を穂から外し茎の袴をとり、これもお楽しみです。

もう少しと思いましたが気がつけば七分丈の服、夕方の風はやはり肉厚でも寒い(笑

そこへ尸羅メンバーより、漢方を学んでおられるご様子、美味しい漢方茶をいただきました。

御本尊様へ供えさせていただき、ありがたく飲ませていただきました、癖がなく口当たりのまろやかさの奥に秘められた大人の渋味がほどよく、冷え込みの朝夕をほっこりさせていただきます、ありがとうございました。

心葉香凛茶(こころばかり)とても美味しゅうございました。

群馬から御本尊様と御先祖様、そして寺内一同へとラスクをいただきました。

私の分をテラ達へおすそ分け♪

サクッと軽やかな音を聞きつけ、なになに?!動物さんお友達が集まり今夜はパーティーだそうな♪

ここのところお日様に照らされ、秋の日焼けをしているようです、お会いする方々から「黒く焼けましたね」って(笑

アライグマかタヌキのようなメガネの跡がクッキリ、それだけで皆さんが笑顔になられる(*^^*)

今日もいい日やった

2018-11-26 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment