寒さの音が聴こえる季節へと移行する10月くらいから、礼拝の数を増やしています。

勿論、数が多い少ないの問題でもなく、誰かのためでもありません。

この道が堪らなく好きなのだと….

間違いなく肉体を魂が超えている(笑

毎日が行、生涯行中、期間も年数に限りがないのも日常の行、だからこそ期間が決められている「加行」という行中は楽しかった、嬉しかった、鬼のように思えた加行監督も、ある瞬間から仏さまに感じた。

苦しいことや辛いということも覚えがない、と、書けば嘘かもしれません(笑

頭で覚えてやろう、それもひとつの方法

数だけ熟せば…そいうものも出てくるが悪いわけでもない

欲しいものだけ手に入れる方法はないか策を練る、どんな本を何百冊手にしても得られないものがある。

分からないことは数知れず、諦めなければご縁が巡ってくる。。。

先月より堂内巡りもはじめ、フッと当たり前のように行っていることが、はてな???

当たり前と思っていたことを聞かれ、ウッと言葉に詰まる恐ろしさが身に染みるこの頃。

歩数計というのをいただき「14000歩」間違いじゃなかろうかと一週間の統計を計った。

僅差はあるものの軽く1万歩を堂内で歩いているようです(笑)

自分の道が見えてくる、そうするといろいろなものが観えて嬉しいですね。

迷っても、一旦停止も、悩んでも、失敗しても、なんでもあり、それでいいと思う。

大きな唐辛子?ピーマン?甘長ピーマン…..

先日の猫だろうか、それともたぬき、まさかイノシシの恩返しかも。。。

ありがたく頂戴します。

 

 

 

2018-12-03 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment