お薬師さまのお供物

瑠璃光院北側の八朔お化粧直しして御本尊様へ

皮と中身を分け

茹でて、白いワタを外す為、3度ほど茹でこぼし苦味を取りのます。

温州みかんの皮は乾燥すれば陳皮に

中身はフレッシュジュース

数回のアク抜きをして、お鍋で煮ます。

ここで温州みかんのジュースを入れ、香りも甘さも加えひたすら煮詰めて出来上がり♪

本日は納薬師会、御本尊様へのお供物が間に合いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-12-08 | Posted in 日々のお便り2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 座敷オヤジ | 2018.12.08 8:50

あれ?写真が二重に(^^;
生姜糖温まりそうですね。こちらにまでうさぎさんのお振る舞いを届けていただきましてどうもありがとうございました。初めての納めの薬師様、一年間お世話になりました!

 wakei | 2018.12.10 8:39

座敷オヤジさん あららっ、ご指摘ありがとうございます、修正しました。あっ!これ生姜糖じゃなくて八朔と温州みかん、蜂蜜・レモンでたっぷり煮詰めました。いつも捨てていた八朔の皮って、なんと凄いものだったのです。調べて見てください、まさにお薬師さん効果。

Comment





Comment