厳しさの中の優しさ

昨日は優しさの中の厳しさ、本日は厳しさの中の優しさです。

本尊 不動明王をお祀りさせていただいております、お顔を拝しますれば恐ろしい形相。

私が思うところ、厳しいお顔は威厳のある主の父のようであり、半分開いた眼は慈愛の深い母のように感じる。

縁側説法にて、奇しくも父の話をさせていただきました、やはり父の愛や祖父母の愛になれば瞼の合間から溢れるものを抑えきれません、まだまだ行の足りなさを痛感。

四恩をのこの上ない有り難きこと。。。

三十数ページに及ぶ資料を今朝までつくり、ありゃ情けなや未使用になり反省の極み。

厄月のまさにど真ん中18日の火曜日、忿怒の相になりつつも涙腺が壊れたかもと思う一日かと思った。

そこへ

栃木県より、28日の大掃除へ間に合わせるよう、手縫いの雑巾と汗をかいたあと皆さんの体が冷えるので温めてください。

雑巾縫いを娘さん、ご主人もお手伝いされたそうです、厳しい寒さの中での皆さんを思いやってくださる優しさ….

ありがたくて、また、泣ける(/ _ ; )

じつは今年の夏に八年ほど使っていた雑巾が全部使い切り、年末どうしよかと阿闍梨や事務方と考えていたところでした。

手縫いされた雑巾から優しい温もりがする、大切に使わせていただきます。

28日の大掃除へ参加される方々へ、あったかいカイロを使っていただきます!!

ありがとうございました。

昨日の日中、白菜を頂いたので箸休めに漬物をつくってみました、三年ぶりかしら….

40代の女性が教えて….、いやはやそう言ってくださるならと思うものの、塩加減など今ひとつ心配なので刻み込みにしました。

下漬けの塩に「たけしおのしろちゃん」を使い、二度目の漬け塩量を考えます。

ドキドキ、ハラハラ….

いい日やった

 

2018-12-18 | Posted in 日々のお便り1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 役員 | 2018.12.18 21:16

大掃除へご家族での手縫いの雑巾とカイロまでお送りくださり本当にありがとうございます。今年はあらたに準備しなければとおもっていたところです。お心遣い本当にありがとうございました。28日にはお送りくださった方の思いとともにお掃除させていただきます。 邦子さんご一家にはご自愛のうえ、素晴らしい新年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。

Comment





Comment