たい焼き風

昔の成人の日は1月15日と定まっていたから分かりやすい、現在の成人の日はとても分かりにくいですね。

地域によって月や日が違うところがあっても、暦の15日は国旗が記されていました。

今年も、お鏡さんを「おめでたい」たい焼き風餅焼きをしました、カリッとサクッともっちり♪

焼き加減もお好み次第、人生もいい加減の按配が一番!!

数年前に購入した型、たい焼きは焼いたことがありません、いつも水に浸けた鏡餅焼き専用です。

境内地のおたふく南天の葉っぱを敷き、お多福〜の目出度さ満点!!

2019-01-15 | Posted in 日々のお便り2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 座敷オヤジ | 2019.01.16 12:28

たい焼き風鏡餅、美味しそうですね!水につけておくと柔らかくなるのですか。割れたお餅もくっつくかなぁ。

我が家では今年1日おきにアルコールを吹きかけたお陰か、カビがぐ〜んと減り、食べられるお下がりも倍増。砂糖しょう油や塩レモンで美味しくいただきました(^0^)

 wakei | 2019.01.16 13:13

座敷オヤジさん 祖母が鏡開きのおさがりをカビが生えず、日もちさせていました。あられはお日様の力を借り、パラパラになるまで干します。蒸し直し搗き直したり、あるいは辛い味噌をつくる発酵原料としても。たい焼き風の餅は二、三時間水に浸けパチっとスイッチを入れ焼きます、おこ好みでチーズを仕上がる直前に入れるのも美味しいです。塩レモンと餅、知らなかった!!

Comment





Comment