カスパリー母さん

五日の夜

ハス植え替えを十日に控え、天候や諸事により千々と進まぬ蓮池手掘り。。。

夜間ライトをつけ安全上気掛かりだった箇所、応急処置じゃなく少なくとも二・三十年先を見据えての作業。

マメの上にマメができた!!

流石の若いお兄さん、足元がガクガク平らなところでオットット転びそうでセーフ♪

本堂横のうてなへ目をやれば、ドッドッド…お腹に響くバイク音、革ジャンの懐へ小さなわんこ、いつもの優しい笑顔。。。

バイクの後ろに誰かいる!

やせ細り白髪の女性が乗っている、何処かで見覚えのあるお顔、やつれたお顔がみるみる内にお会いしたお顔に変わり「カスパリー母さん!!」だと分かりました。

生前よりご一家が真伝さんへ集まろうねと約束され、魂の拠り所「約束のうてな」へお名前を記されておられました。

約束通りお帰りになられたのですね、業厄払いでお忙しいでしょうからと、いつものお気遣いも変わらずです。

娘さんより電話をいただき「母が旅に出ました、真伝さんへ行かれると思います。よろしくお願いします」とのこと。

カスパリー母さんは穏やかで気遣いの溢れる方、心残りがあるとすれば「みなさんのように内陣へお厨子とお位牌を置かせていただきたい」と願っておられていたことです。

雨上がりの穏やかな空

カスパリー母さん、娘さんのことはご心配されませんよう、あなたの娘さんですからきっと皆さん仲良く暮らされるでしょう。

 

 

2019-02-07 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment