面白そう

頭の中の交通整理、しばらく本から遠ざかっていました。

荷物移動の中に17年前購入し、読むことがなかった寄藤文平さんの「絵と言葉の一研究」へ目がとまった。

失礼ながらページを開くことはなく、表紙のデザインがその時「私の頭の中みたい」インスピレーションが働き、お気に入りの一冊。

落ち着いた頃、じっくり読みたいと思います。

いつも読みたい本ではなく、気になる本をジャンルを問わず購入し、八割がたページを開かず棚に置き、必要な時がきたら読むスタイル、ちょっと理解に苦しむ人をどのように解釈するべきか、頭の整理が必要かな。

千利休のところが面白そうなので付箋をとりあえず、ここから読み始める予定。

 

2019-05-17 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment