蓋があく!

大勢の職人さんと数台の機械、風もなく蒸し暑さは半端じゃないなか、伐採が進められ蓮池の蓋が開けられました。

暑さと日が当たらず心配でしたけれど、生きていてくれました!!

南が開け

東が少し明るくなりました。

機械の能力が22mまで伸びるものでしたが、五本が精一杯とのこと、さらに柿の木の剪定と檜の芯止めと枝払い、二本の伐採が追加工事として後々の災害を最小限に抑えるための苦渋の選択、五本追加伐採を安全のため強行です。

数々ある案じる中の大きなひとつがやっとひと息、かんかん照りや大雨の予報が曇天、山の神様も助けてくださり作業が終わった途端の大雨。

この先の伐採は、機械が入らず困難が待ち受けること承知、護り守られますよう頑張りましょう!!

千葉県の石井さんよりおっきなかぼちゃの供物が届きました、これから五節句七夕、大袈裟縫・縁側説法・地蔵盆まつり・境内地整備・夏の大掃除・盂蘭盆会・施餓鬼会の準備と並行し進められる大法要、寺内一同精進してまいります。

大きな山の整備、アリンコの気持ちに似ているかもと蟻の列に思う、みんなで生きようね♪

 

 

 

 

2019-07-03 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment