冷えだっこちゃん

暑い! 暑い!と言ったら….暑いです

さて、夏の友として今年もお助け氷作りました。

エアコンに慣れてしまうと、それ以上温度を下げたくなるのも人情。

冷えすぎても、エアコンを切れば寝ていて熱中症にもなりやすい、テラがいたときから実践しているのが氷の利用。

用意するもの、今回は2リットルペットボトルの水を少し抜き、冷凍したもの1本。

大きなゴミ袋1枚

スーパー袋2枚

タオル1本

バスタオル1枚

はじめにタオルでペットボトルを巻きます、上下からスーパー袋をしっかり結びます。

水漏れして布団が濡れないように

それを大きめのゴミ袋に入れ、クルクル捻りぐるっと本体へとめます(再利用できます)

さぁ、ここから大きなバスタオルでさらに巻き、冷えすぎと氷を長く持たせるためです。

外れないよう上下を紐で縛り出来上がり♪

冷え冷え抱っこちゃん(笑

さらに布団の間へ入れておくと寝るとき程よく冷え、邪魔になったら足で蹴っ飛ばしていますわ。

水漏れしないように試してみてください。

そして、もうひとつ軽自動車なのでエアコン吹き出し口は前しかありません、なかなか後部座席が冷えません。

今の時期は暑さが下からもきます。

やはり凍ったペットボトルをドアポケットや、運転席の吹き出し口へ立てておくと気持ちのよい風が流れます。

ただ、びたびたにならないようキッチンペーパーを輪ゴムで止めると、氷もちょっとだけ長持ち、溶けた分だけ飲めるし、車から降りるときクーラーボックスへ入れ保管。

飲まなければ再利用できるから、これからの冷凍庫はこれでいっぱいです。

停電になっても、少しは役に立つと思うこの頃です。

町の水道屋さん、おがっちのお父さんに、少しでも役立てあげてくださいと伝えてね。

試してみたよ、という方がおられましたらコメントくださいませ。

 

2019-08-08 | Posted in クラブ爺婆No Comments » 

関連記事

Comment





Comment