できることを

この空の向こうの下で、多くの方々が困っている

檀家も墓も納骨堂もない山寺、寺でさえ困窮する時代のなか、ひとりでもできることはないだろうか…

何かの時のために取ってあった新品の晒し、そうだ!!

切って、手ぬぐいと布巾を作ろう。

晒しは乾きが早く、裂いて紐を作り何かを縛る時も、包帯としても、漉したり蒸したりするときにも使えます。

真っ黒になったら雑巾にも使える。

送料が掛かるためスマートレターしか使えず、それでも山寺からのメッセージが届けられたら。

同じ絵が描けず、上手くもないが気持ちを込めて。

2019-09-13 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment