剛毅木訥仁に近し

ヒラヒラ舞う白いもの、積もらない分冷え込みます。

みかんの皮を茹でこぼし

ほんのり苦味を残しながら、お砂糖で煮詰めチョコピールなどと言うものを作ろうと。

茹でこぼしの汁はとても汚れを落としやすく、掃除用にスプレー瓶へ入れました。

優しい黄色ですね。

煮詰めて乾かしています。

もうひとつ、大根の葉を乾燥させ粉末にしました、座敷オヤジさんと愛知の和子さんからいただきました。

お味噌汁にも、ヨーグルトにも、とても良い香りが致します、私は雑炊の彩りへ。

綺麗な色がそのままです。

干しリンゴも完成、そのままおやつ、紅茶や煮物の甘さ付け加えにします。

テラも大好きな干しリンゴ♪

ご参拝の折りに声をかけてください、少ないですけれどお味見していってください。

明日、お天気の様子を見ながら「ハブ茶」煎り、その余熱で染物ができるとありがたい。

夕方近く、昭和の時代に参られていた方が来られました、途中からご自身で決められ足が遠のいていました。

来るものは拒まず、されど昔の話は思い出せないほど時が経ち、これからはどうされるのかご自身が選択されること。

思い出話で時間を取らないようお願いし、前向きな話であれば素敵なことです。

まぁ、当時の信徒さん?だったのか分かりません、おばあさんのお顔ははっきりと一言一句覚えているのですけれど…

コロナウィルスやインフルエンザ対策、よく食べ・よく笑い・よく寝る・よく働き・遊ぶこと、体温を一度あげる工夫をしましょう。

寝室の加湿器を枕元に置かれ、喉を助けましょう。

怖い怖いと言わずに準備だけはしておきましょう、住職は変然としていますねと問われ、マントラでみる天変地異の中で疫病(流行病)については三十年前に完成させた門外不出の書があり、マスクも昨年九月に一千枚以上購入してあり、そのうちの半分を供出しております。

そして、数日後から雨が降るのですが、大量の水も昨日から保管し始めております。

段々畑にハーブを大量に植え込むのも理由がある、花粉症や除菌に使えるのではと準備をしております。

ゔ〜..寒い、みなさん暖かくしてお休みくださいませ。

2020-02-10 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment