1. HOME
  2. ブログ
  3. テラ
  4. 抗がん剤投与 その後

抗がん剤投与 その後

CIMG7922

肺に怪しげな影を見つけ、検査の結果「肺がん」であることが認められました。

闘いは新たな局面を迎え、高齢であること・転移範囲が広範囲に及ぶ可能性を考慮し、完治治療ではなく緩和療法のなかで楽しみを多く取り入れ、日々を重ねること、昨年からテラと主治医、飼い主とで決めました。

抗がん剤投与の翌日は副作用のため食欲が無くなり、足腰が弱々しく、いとも簡単に転びテラ自身がその状況に戸惑っていました。

プライドの強いテラです、苦しさよりも飼い主の手を煩わせていることに落胆、精神的に落ち込んでいたので、一日だけそっとしておきました。

三日目のテラはあばら骨がうっすら見えるほど痩せ、免疫力が下がるため目も見えづらく目やにで瞼が開きづらい様子、ぬるま湯でそっと汚れを取り、大嫌いな目薬も自分のためと話すとじっと我慢しています。

四日目から食事に変化を与え、体に良いもの、ちょっとのお楽しみを加え体力を回復、下がりはじめた体重に歯止めがかかり、お散歩もテラのスピードに合わせ視力が弱いので恐怖を持たせずゆっくり、それでも御本尊様とお地蔵様参りだけは率先して歩きます。

次の段階は貧血、これも徐々に現れる副作用のひとつ、気力が落ちないように手作りおもちゃを作り、体力に合わせた遊びを取り入れています。

手ぬぐいにおやつを入れ、知恵を使い取り出す。

引っ張る部分を作り、取られない欲を引き出す(ほどよい欲は、生きる気力を出させる)もう固い物が難しく、噛めば味が滲み出る工夫を施しました。

二回目の抗がん剤投与は、四月五日…..

治ることの無い病と向き合うことに虚しさを覚えることも事実、それに勝るのは日々のよくも悪くもの変化と四季折々の香りや日差し、それを共有できる日があることの今がしあわせです。

CIMG7919

そして、応援してくれるみんなが居てくれるから、テラもまだまだ頑張れます。

右手首の腫瘍への照射七回が終わり、とても腫れが治まってきました、ありがとうございます。

 

関連記事

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 座敷オヤジ

    テラさん、今日も偉かったね。明日も精一杯遊びましょう!

    おじさんも応援してるよ(^0^)/

    • wakei

      座敷オヤジさん はい、いっぱい遊びます♩いつも応援をありがとうございます。

  2. ルルル

    テラちゃん、大好きな飼い主さんとの日々、楽しいことたくさん味わってね。

    • wakei

      ルルルさん ありがとうございます。季節の花や暖かさを楽しんで、ゆっくりまいります。

error: このページはコピーが出来ません