1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々のお便り
  4. 癒されて

癒されて

とある出来事、年の瀬まで苦しみ抜いた一年も残すところ一日、自らを奮い立たせた日々

人に傷つき、人に癒される、いつも私の前に不動明王さまが「和慧、いいのかそれで」と問う

一年の中でこれほど歩いた日はなかったように思う、心が折れる寸前のなかで立ち上がれる、いつも仏様は見ていてくださることを感応できるからだと。

今夜から多めの雪が降るとの予報、四つめのテントへ屋根を張る、サムさんとの作業も納の日、とにかく寒い!!

風が吹き体感温度が下がり、流石のサムさんもホカロン二個ペッタンです、一人作業で進まないことも二人なら早い。

彼と縁があり楽しい、知らないことはスポンジの如く吸収し、若い人のアイディアや方法を私も吸収でき、まさに五分五分ですからお互い笑顔になれます。

日が暮れ耳が痺れるほど冷たく、きもの処しみずさんからいただいた耳当てありの帽子、サムさんとテラ、私とお揃いを被り「おーあったかい!!」これが無かったら終わらなかったかも。

夕方からの雪に備え二日かかることを一日で仕上げる!

雪雲が駆け足でやってくる!!

入れ替わり立ち替わり、歳神さまを迎えるために手伝いの方も、ありがたいね。

カンテラ付け頑張りました、細かい修正は後に外は吹雪です。

着替え越前水仙の香りに癒され、これから明日初七日を迎える方の法要準備

暖かくしてお休みください。

関連記事

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 事務方

    寒さの中の突貫工事、お疲れいかばかりか。そのご様子が伝わってきます
    まさに魂が肉体を越えているようで。
    苦労をしていたら、ともに苦労し、遊ぶときはともに遊ぶ・・
    いつも語られること

    どうぞ暖かくしてお休みくださいませ

error: このページはコピーが出来ません