追憶

真伝不動明王寺を語るとき、縁の下を支えてくれたこの方。

なぜか今夜は、切ないほど思い出す。

切磋琢磨できる人と会える、人生においてなかなか出会える縁は少ないものです。

空手七段の師範、心根の優しく決して前に出ることなく、皆さんを陰から支えていてくれました。

台風のときも、大雨のときも「お不動様があっての私らです」と、いの一番に駆けつけてくれました。

片時も忘れられない人なのに、今夜は妙に切ない。。。

夜があけたら奥様や息子さんへ電話をしてみよう、何もなければよいのですが奥様もご高齢なので心配です。

在りし日の一枚

cimg0651_s

2016-11-01 | Posted in No Comments » 

関連記事

Comment





Comment