水と火と光

今年は「酉年」革命の年ともいわれています。

自然災害だけではなく、人災も懸念される今日この頃。

水道がない山寺の昨年末、なぜか水が止まるというアクシデントがありました。

年末でしたから業者さんもお休み、緊急対策として2000Lの水を補給し、毎日1000Lを確保して運び入れ年末年始にご参詣の方々が困らないよう役員一丸となり、新年を無事迎えました。

業者さんも心配してくださるけれど、原因が全く分からず…..

下に水はあるのは確か、機械の異常があるわけでもなく、一月七日五節句のひとつ「人日」の朝勤をしているときのこと「腹がくくれたか」の問いがあり、幾つかのお約束をしたのです。

そのひとつ「愛犬去りしも慟哭せず」でした、愛おしいものが亡くなっても泣いてはいけない、実は僧侶も同じなのです。

ご遺族の前で僧侶が泣いていてはいけません、心を鬼にして亡者を送るお手伝いをさせていただいているのですから、毅然としていなければ亡者も生者も救済できません。

されど、ともに暮らせばその年数、いや年数ではなく対峙する生き方をすればした分だけ情が湧いてくるものです、それが人に限らずそういう思いはあり、泣きたいことも多々ありますが泣かない…..

そんなこともあり、その日から水は変わらずと出ていますが、天性の貧乏性というか心配性なのでしょうか、気遣うことなく水を使えばよいのです、それは水に対しての勿体なさがなかなか取れず困ったものです。

お坊さんを育成するとき、水は欠かせないもののひとつ、山寺でなかなか僧侶育成できなかった理由でもありました、昨今方法はいくらでもあるのですが、私がそうしなかった訳があるのです。

そして、念願を形にするときが参りました、もうひとつの水の道を作ること、身を清める風呂桶へ貯められるくらいの水の道、これも腹くくりのひとつです。

季節が巡る日々は早く、山中を歩きといっても一気に四十メーターの急斜面を下り、山を切り開き階段や道を作りながら山奥を目指していくのですから普段より運動不足もあり、筋肉痛どころか骨まで曲がりそうな日々にようやく明かりが見えてきました。

ある日のこと、頭から泥を被り服もドロドロになった状態で、山から出てきた姿を見た事務方が何も言わず目に涙しておりました。

千年先の願いを叶える、どこの宗派も初めから全て揃っているわけではないのです、一代で築き上げる宗教もあるけれど、それはそれでよいかもしれませんが続けていくことの大切さを知る、当寺も千年先の信徒さんへ繋げていきたいと思います。

地道にボチボチ、弘法大師様は千二百年経っても教えが続き、多くの僧侶が伝えてくれています、ありがたいことです。

次世代へ水を残し、宝燈を切らすことなく、人々の心を照らす寺であることを願い、頑張っております。

風は冷たいものの日差しで真っ黒になっている顔を春彼岸でご披露かと、顔色が悪いのは日焼けですのでご安心ください。

春だというのに勧進の足はゆっくり牛歩の如く、水の道はあと一月半で完成かと思います、それからの道場着手となりそうです。

急坂なためでしょうか、三本目の爪も剥がれはじめましたが、ご本尊様のご加護を頂戴し、痛みが全くなく勤めを果たさせております。

革命の年、水と光、国家間の燻りが火を呼ばないよう願いたい、水害・日照り・争いなどに気をつけたい年。

 

こんなことなんちゃない!!

頑張ります、応援してくださいね。

明日は花粉が多いとのこと….、開いた口が閉まらないくらいクッシュンの連続。

 

 

 

 

 

 

2017-03-15 | Posted in 日々のお便り10 Comments » 

関連記事

コメント10件

 わっこ | 2017.03.15 23:01

先日、北側山中の枯葉掃除をたった1日させていただいただけでも足指先が痛くなりました。お疲れいかばかりかと案じます。
千年先の信徒さんへ繋げていくため、私も一緒に頑張ります!

 wakei | 2017.03.16 7:22

わっこさん お手伝いを有難うございました。毎年、大きな山から枯れ葉がやってきます、この枯れ葉を避けなければ小さな植物や楢の木などの芽吹きができず、山が枯れていきますので豊かな山を維持するために必要な作業です。そして、この季節が作業に良い季節、寒く花粉の中へ飛び込んでいく、大変ですけれどやりがいがありますね。ご遠方の信徒さんより届けられたお茶や美味しいものが疲れを取ってくれ、皆さんヘロヘロなのに満面の笑顔でした。お疲れさまでした!!

 興子 | 2017.03.16 9:48

おはようございます。
住職様や寺内またお出でになられて
お手伝いできる信徒の皆さま・・・
有難うございます。
遠く離れ、住職様のメールを見皆さんの
難儀に・・・大変だなぁ~疲れるだろうなぁ~
と思うだけで・・・有難うございます。

、この頃読み出し頭の錆びに我乍ら…最初のマントラは住職様もお若く30代の頃かしら
?この頃先が無いような時間が無いような、あれもこれもと気ばかり多く・・・住職様のおっしゃるように、焦らずゆっくりと・・・
有難うございます
今日もお陰様の一日に・・・。

 wakei | 2017.03.16 21:01

興子さん 人生は仏様お任せコース、毎日がサプライズ♪ テラも犬生を笑顔でフルコースでした。私たちも笑顔でフルコースで行きましょう!!今日もいい日やったね。

 栄美 | 2017.03.16 15:35

先生、頑張って!!

 wakei | 2017.03.16 20:52

栄美さん はい!!

  | 2017.03.16 20:23

数ヶ月前、一人で人生初めての高野山へ行きましたよ。なんとも楽しい一泊でした。
素敵な思い出(体験)がたくさん出来ました。
テラちゃんは、私の心の中に数日前からいまして、とても明るい光輝く存在になっていますよ。

 wakei | 2017.03.16 20:51

民さん 私も今年こそは高野山へお手引きがあれば行きたいと思っております。 テラのこと思って下さり、ありがとうございます。

 ルルル | 2017.03.17 16:55

お身体に気をつけて、頑張ってください、応援してます。些少ですがお茶をお寺にお送りしました。皆さんで召し上がってくださいませ。
千年先を見据えた今、頑張ってくださいませ!

テラちゃん、いつも心を和ませてくれてありがとう

 wakei | 2017.03.18 19:25

ルルルさん お気遣いありがとうございます。

Comment





Comment