紅春慶

岐阜県の神岡へ行った際、紅春慶塗の茶托を購入しました

漆塗りは生きものです、仕舞いっぱなしですと息ができなく、ムラになると聞きました

左が出来上がったばかりの茶托、右は手入れをしながら20年素敵な赤色が出てきました

使い捨ても便利だけれど、こうして時を共に暮らすと毎年の光景が浮かんできます

ホッとする一時でもありますね

2017-04-13 | Posted in 日々のお便り2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 興子 | 2017.04.13 20:18

一日お疲れさまでした。
綺麗な紅春慶塗、歳月と共に綺麗な色合いが出て、とても素敵な茶たく(”^ω^)・・・
塗り物は大事に使うと長い歳月を共にできますが、お手入れが大変・・・今の若い人は
、洗い方も知らないのでは?
お重を母が亡くなる前に
貰ってきましたが、お正月に使うだけで・・・
暑いお湯ではだめ、洗いを拭きとるのも絹の柔らかいものでと、母の声が・・・。
良いものを見させて頂きました。
今日もお陰様の1日に感謝です。

 wakei | 2017.04.15 19:21

興子さん どの職人さんの世界も、技術を持っていても使い捨ての物が多く、腕を磨くことも伝えることも難しい時代になりました。頭で覚えても体を使わなければ忘れやすくなるようです、便利が不便を作り出す不思議な時代です。透き通った紅色がとても綺麗です、濃い色が紅を出すまで二十年近く手入れができるといいですね。お湯を入れると漆は熱に弱く、お母様が仰っていた通りです。今日もいい日やった。

Comment





Comment