尸羅

段取りが組めない人との作業は難儀である

役割を忘れ会うたびに「何かお手伝いしましょうか」「何をやりましょうか」親切なようで、実は手間がかかる

近頃、様々な職種に就いておられる方々が異口同音に悩まれておられるようです。

段取りを組めないということは、仕事に対する責任感と向学心が見えてこない、しかし、陰口や悪口など教えなくても覚えるから始末が悪い….

玉石混交といいますから。

亡き人々とここ数年、試そうとする人心が集まれば集まるほど、伝えることの難しさをしみじみ話しをする。

幼い頃の私は、周囲も等しく観えると思っていたのですが….

両親や親族、恩師もメディアに当時の私のことを不思議だと感じていたと語っていましたね。

しかし、思春期近くになれば、ありのまま伝えることが必ずしも他の幸せではないことに悩み、自らを封印したけれどそれでも抑えきれないものがあり、伝える言葉を探した時期もありました。

海に浮かぶ氷山に似て、見えている部分よりも見えない部分が如何に多いか、まさしく氷山の一角を願い暮らしているのが今の私たち、しかし、それも永遠に続かず溶け崩れる時が来るんですね。

やがて、私の存在を皆さんの知ることとなり、良くも悪くもたくさんのご縁をいただき、どう伝えるべきか…思い悩む日々を過ごしてきました。

ベストセラー以前より、まとめていたものを数冊作り、それを元に展開されていったマントラ、もともとが観えている世界をどのような表現するか、図形や色・方角・死装束や墓など、生の以前からはじめ今生の意義、そして生の終わりと後生へと続く道すがらを伝えるべきことが私の役割、つまりマントラの集大成を完成しなければならないのです。

ここ10年ほど前から決意し、環境を整えたく思っていたのですが思いの外難儀、人心ほど難しいものはないとつくづく思う。

修羅道の前生世界を経験し、今生にて気をつけるもののチラホラと修羅が心を過り、尸羅に立ち戻らねば罵詈雑言の崖っぷちに立たされる様、本分から離れそうな恐れが出てきた。

前を向き、すべてを耳にも心にも陰の言動を伝えてくれる亡きものたち、やはり堕ちていかなければ気が付かないのかと。。。。。

自らを救うものは、自ら知識を深め、覚え動き、そして考える、信頼というものはコツコツ積んでいくことで生まれると思う、自らを救わずして誰が救うのだろう。

修羅の性格を持つ私(いわゆる気が短い)、昨日に続き本日も街へ下山、次のステップへ進むための準備の一つを覚えるのに、朝一の予約から六時間立て続け設定を覚えてきました。

お昼ご飯どころか、水一杯も飲まずの時間が瞬く間に過ぎ、担当の若い人が熱心に教えてくださるのでこちらも聞き逃すまいと真剣勝負でございました。

担当の若い男性が「僕も久々に仕事をしている!!って、嬉しく思いました。」気がつけば朝食・昼食&水抜き、近くのカレー屋さんへ飛び込み「アイスカフェオレください!」でした(笑

カレースープを食べるも、折角教えていただいたことを実践すべく、すぐに寺へ戻り一つ一つ思い出し実践、ただいま本日覚えたことを思い出し、教えてくれた若い男性へ本当に感謝の心でいっぱいです。

二日間の充実したスケジュールを終え、次へステップアップ♪

一番不得手なことをクリアーでき、疲れよりも爽快感を覚えています、今日はお地蔵様の御縁日、揺らぎない決心を新たに前進。

覚え実践した結果が皆さんに喜んでいただきはじめて功徳となり、そうして積んだ功徳を亡きものへ向ける「回向」に繋がるのです。

ですから「何をしましょう」「言ってくれれば、なんでもします」これはなかなか功徳に繋がりづらい、気が付かないということですから…..

それでも何もしないよりはいいのかもしれませんね。

今日もいい日やった!!

 

 

2017-08-24 | Posted in 円座 尸羅3 Comments » 

関連記事

コメント3件

 栄美 | 2017.08.25 16:08

殿!こんにちは!
赤い雨雲レーダーありましたが、大丈夫ですか?防水コーキングでしのげているのでしょうか?
私も本日ステップしました ♪
結果はわかりませんが、頑張った!
殿に後れを取らぬよう、前進 ♪ 前進 ♪

 wakei | 2017.08.25 17:15

栄美さん こんばんは お気遣いをありがとうございます。物事に対し沈着冷静を保つことができれば、何がしかが見えてくるものです。立ち止まれば止まった意味もあるのかもしれません、雨だれの音が煩いと思うか涼を呼ぶとよむか、はたまた神々の演奏会と感じるのか。今日もいい日でした。

 興子 | 2017.08.25 18:29

大雨被害のご心配(人”▽`)ありがとう☆ございました。
幸いこの辺りは冠水も無く安堵
明日の花火が無事開催されるといいのですが

今日の縁側何度も読み、自分にもこんな部分が在るのでわと・・・反省したり納得したり
色々知る事が出来た事、有難い事です。
栄美さんのようにお若くないので、殿に後れを取らぬように前進は無理ですが、踏ん張ってついてゆけるように・・・。
今日もお陰様の1日に感謝

Comment





Comment