柚子レシピ

これからシーズンの柚子、座敷オヤジ家の屋敷で育った大きな柚子、近頃は木が邪魔だといって切り倒すところもあるそうです。

もしも、そういう計画があるならちょっと待った!!

柚子の王様「獅子頭」が実をつけるまで15年くらい、花柚子でも7・8年は掛かるそうですよ。

柚子味噌・ゆず湯・柚餅子・柚子ポン酢・塩柚子ポン酢・柚子白菜漬け・柚子ジャム・自家製保湿液などなど、料理によし!風呂によし!保湿によし!香りよし!

庭に一本あれば「お宝」ものですね♪

私が気が付いたとき、還暦過ぎていました(笑

それで、頂いたもので工夫です。

まず、表面を洗います、枝には棘がありますので気をつけてくださいね。

まな板の上で半分に切り分けます。

ザルの下にボールを置きます。

タネと絞り汁に分ける

◎左 みりん 500ccを鍋でサッとアルコールを飛ばす

火を止め粗熱を取り、出し昆布或いは粉末の出し可

醤油  500cc

柚子の絞り汁 500cc

以上を混ぜ合わせ出来上がり

◎中央 柚子絞り汁 適宜

塩     適宜

混ぜ合わせ仕上がりです

◎右 種(洗わず)

酒 適宜

ペットボトルへ詰め、毎日固まらないように上下に揺すります。

三週間くらいで使用できます、但し、アルコールや柚子が苦手な方は使用しないでね(ここ大事!!)

さて、柚子の黄色い皮の部分を白いワタを少し取り、冷凍して置きます。

茶碗蒸しやお漬物の彩りにちょっと欲しいとき、自然解凍(2・3センチくらいの大きさが使いやすいです)してから刻みます。

絞り終わった残りの部分を、スプーンで外し布袋へ中身を入れお風呂で使います、私はお風呂では外の皮を使いません。

今夜のお風呂が楽しみです(たくさんあるのでワタも小分けし、都度のお風呂で使っています)

シーズンを迎えますので、チャレンジして見てくださいね。

2017-11-16 | Posted in クラブ爺婆4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 ゆうこ | 2017.11.16 18:32

住職様、こんばんは
テラちゃんに会える楽しみ以外に
クラブ爺婆を見る楽しみができました
本当に、柚子は捨てるところがないのですね!
種を浸けたお酒、これはどのような使い方でしょうか?
私は今月47歳です。柚子を植えても間に合うでしょうか?(笑)
柚子が実るまで生きられますように(笑)

私は姫路に住んでいますが、関西もずいぶん冷えるようになりました
ご住職様、お体おいたわりくださいますように。

 wakei | 2017.11.17 11:03

ゆうこさん 47歳!十分間に合います、柚子を自らの手で収穫する!!不動心まっしぐらで可能にしましょう(笑)種の酒漬けは、アルコールが大丈夫ならば風呂上がりの保湿液として手や足に塗っています。顔は皮膚が薄いので塗らないでね、傷があるときは刺激的に滲みます。塗りはじめはねっとり感がありますが、擦り込むようにするとあらっと思うほどさっぱりしてきます、これは職人の男性陣もびっくりしていました。濃いようでしたら少し水で薄めてください、ペクチンが驚くほど出てきて固まりやすいので、毎日ペットボトルを振ることを忘れずに。水仕事前と後に塗るといいかもです。シーズンはこれから♪お酒も柚子も食品なので、種を除きお湯割りもいいかもしれません、蜂蜜で甘さを加えても美味しいかもしれませんね。

 座敷オヤジ | 2017.11.17 8:57

柚子レシピ掲載どうもありがとうございます。住職に教わるまで柚子湯か漬物の香りづけ位しか知りませんでした。

今年は自分も全部使って色々なものを作ってみます!また種の黒焼きも挑戦します(^0^)

 wakei | 2017.11.17 13:01

座敷オヤジさん 塩柚子…基本しか書いていなくて、これをもとに粉末昆布か出し昆布を切って入れたり、味醂を入れるなどして装束参加者さんのように湯豆腐のタレやシャブシャブのたれでも美味しいと言っていましたよ。基本があればアレンジは自在です、おろし大根を入れて天ぷらの出汁にもいいかもです。黒焼きは漢方にも昔使われていたそうです。

Comment





Comment