超えました!

業厄の息子さん、海外の仕事が多くいつも陰参りをお母さんが申し込まれておりました。

今頃の若い方はなかなか信じる、いや若い人のみならず人が宇宙へ跳び立つ時代ですから、我が身に起きなければなかなか信じ難いところなんでしょうね。

陰参りのお陰でしょうか、何だかんだといいながらも違和感を覚え検査をしたところ「肺癌」が判明、しかも一度めは異常なしそれでも気になる、綿密な検査の結果発見、進行性が強く急遽の手術を行い同時にご祈願をはじめました。

護摩祈願・人型・供養と施主さんが望まれることを受け、粛々と祈念。。。

そして、本日までの経過と病理結果を何夜も眠れない日々を過ごされたことでしょう、ついに結果が出て転移もなくもしもステージをつけるならば、極めてゼロに近い1とのこと。

嬉しくて、嬉しくて、決して恩を忘れません、また、息子さんも「自分の体が悲鳴をあげている声を聞きながら生きていきます」とのこと、半年に一度の検査を受ける約束で無事退院。

今日はテラの今年最後の月命日、覚えてくださっている方よりテラへのお供えもさせていただき、本日無事に寒波襲来の長野県から高山市の雪中を走り抜け到着いたしました。

ご本尊様へ何よりのご報告と御礼を申し上げました。

2017-12-13 | Posted in 日々のお便り2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 なみえ | 2017.12.14 12:26

常日頃からお母様がお蔭参りをされてるとの事、いざという時に明暗が分かれるのでしょうね。大難が小難、小難が無難とお不動様への信心深さが息子さんを救ったのですね。

 wakei | 2017.12.14 22:09

なみえさん こんばんは 陰参りをされる方は多いです、必ずしもよい結果を得るという訳でもありませんが往々にしてあるようです。息子さんの健康を願うお母様の気持ちが、お不動様を通しご縁として伝わったのでしょう。ほんとうに間に合いよかったです。

Comment





Comment