式守伊之助

生きていればいろいろあるのが人生、先日の「人日」でお話を聞いてくださった方にも申しましたが、真伝不動明王寺の業厄払いと厄受け地蔵菩薩のこと。

払うと受けることができる唯一のお寺であること、一年の穢れや憑き物を払い浄め、新たな年をお護りいただく厄の払いだけではなく「業」の払い、ですからマントラの業厄年だけでなくてもお申し込みいただいても構わないのです。

また、地蔵堂のお地蔵様は「厄受け地蔵菩薩」身代わりを受けてくださる、そのためによだれかけや風車を供えます。

さて相撲界も揺れに揺れ動き、このようなとき著書「人生 マントラでずばり」を読んでいただき、どうしたらよいのか知っていただければと思うのです。

今回は「式守伊之助」さんをマントラで見てみましょう。

1959.12.23日生

2013.11月式守伊之助40代を受け継ぎ勤めることになりました。

2014年前厄 土俵から落ちる

2015年本厄 軍配差し違え4回の内3回連続を起こし、厳重注意を言い渡される

2016年後厄 またもや軍配差し違え

さて、ここから厄月の怖い影響、厄年から解放されたはずなのに…何故次々と問題の表面化するのでしょうか。

昨年12月23日は土曜日の厄月でしたね、そして今年の1月も厄月火曜日、1月はどなたにとっても1年を示唆する曜日なので、よくよく調べてください。

伊之助さんの12月23日は日曜日なので、前半の半年間は相当苦しいものがあり、秋頃体調を崩されないようにしたいものです。

何たって1月が火曜日の厄月スタート….

是非、このブログをご覧になられておられる方、業厄払いや厄月の護摩祈願をされますように。

また、野球のことはわかりませんが大好きな人柄の星野仙一さん、これだけパワフルな人は少ないのではないでしょうか。

2015年は後厄その年末頃から体調に異変があったかと

2016年1月22日金曜日 3月火曜日4月金曜日7月金曜日(癌告知転移も見受けられたはず)10月土曜日11月火曜日

2017年1月日曜日 7月あたりからかなり厳しい状況だったと推測しますが不屈の精神力で周囲の方へ心配させないよう….

そして12月が厄月金曜日、1月帰らない人となり、残念というよりも私にとり星野さんは真っ直ぐな熱く誰よりも優しさ、得てして反発を買いやすいけれどそれだけ熱い心に残る人でした。

心より哀悼を申し上げます。

 

※時間的ずれの解釈を「人日」にて、お話をしました通りです。

どうぞ研鑽されますことを願います。

 

2018-01-09 | Posted in 日々のお便り4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 ブルーバード | 2018.01.09 14:16

先日は人日の日、お話会有り難うございました。
マントラは凄い!と後から符合させるのではなく事前に知ってほしい。そして好転の方法が本に書かれているが、心は弱い、そこにお不動様、お地蔵様、ご先祖様のお力添えを頂戴するための心構えや方法を教えていただいたことが駆けめぐっています。
やっぱり凄いです、ピタリすぎ・・

 wakei | 2018.01.09 15:27

ブルーバードさん 知っていただき、是非、著書を参考にして多くの方々が幸せになってほしいです。占いと違うところの凄さとでもいうのでしょうかね、後付けではなく誰もが分かるようとは言っても多少のコツは勉強していただき、活用してくださることを著者として願っております。あっという間の3時間、また、このような機会に是非参加していただければと思います。

 座敷オヤジ | 2018.01.11 16:05

住職が仰るように1月10日頃から腰の具合が良くなって本日はほぼ通常通り体を動かせるようになりました。今までくしゃみをするのも怖い位腰が痛かったので病院でレントゲン検査をしてもらったら椎間板ヘルニアになる一歩手前だったそうです(汗)。厄月は過ぎた数日も注意しなくてはいけなかったのですね。身をもって勉強になりました。ってことは年運とかも年が変わる時にその前後は影響を受けるんでしょうね。

行司の方、陛下と同じ誕生日だったんですか。元号が変わる大事な準備の時期、陛下にも気をつけていただかないと(- -;

 wakei | 2018.01.11 17:16

座敷オヤジさん さすが読みが深い、そうなんです。ここのところがポイントなんです、従って厄月前の28日に護摩木や人形・祈願をお勧めしているのです。みなさん困ってから…(汗 陛下も常の御多忙へさらなる行事が増えるため心身ともを案じております。

Comment





Comment