歳寒松柏

新春も半ばといえ、厳しい寒さが続きます。

寒中、僧侶や信徒には、寒参り、寒念仏・寒垢離などの修行があり、「寒」の時ほど物や人の値打ちがよく分かるといえます。

「寒」は心身の一大道場、「歳寒の松柏」は松や柏が冬の寒さにめげず常緑であることを、立派な人は逆境にあっても節操を変えないことにたとえます。

明日は「鏡開き」です。

 

2018-01-10 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment