懺悔文

「我れ昔より造る所の諸の悪業は、皆な無始の貪瞋痴(とんじんち)に由り、身口意従り生ずる所なり。

一切を我れ今皆な懺悔す」

お経を読むとき、はじめに懺悔文を読みます。

大意は、悪しき行いは、貪りと瞋りとおろかさのために、身(からだ)と言葉と意(こころ)より生じたものです。

そのすべてを今、み仏の前に心から悔い改めます。

ややもすれば嫉妬や執着、噂などに惑わされやすく、愚痴なども口から迸る。

ありゃ、恐ろしや。。。

今日も一日ありがたや(-人-)

 

明日は、寺を支えてくださった役員のおひとりの祥月命日、テラの月命日。

合掌

 

2018-02-12 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment