瑠璃光院周辺

「瑠璃光院」の扁額を、ご縁の深い信徒様より奉納いただきました。

緑色の文字がとてもしっくり、素敵ですね。

境内地東に位置します

向こうの山の裾から日が昇り、いつか時が来たら皆様方と初日や観月、天の星々を観られる建物が建立できたらと願っています。

そしてこちらは瑠璃光院北側の風景、瑠璃光院は平屋なのです、しかし高さが凡そ三階に匹敵しそうです。

道場ということもあり、外よりも中がとて冷えます、先日も院内よりも外の方が暖かいといわれておりました。

その隣は「天空の畑?」かと思われる畑があります、小さな畑ですが初物を御本尊様へお供えするべく、十数年前に土留め工事の際に作られたものです。

崖っぷちだけれど下の岩盤がとても強く、お不動様が立たれるまさしく岩が地中にあります。

下界との気温差は、100メートルほど降ったお寺と三、四度も違います、郵便屋さんや新聞屋さんが「真伝さんへ来る途中から風が変わるのがみえる、バイクだと気持ちがいいのよね」と、でも徒歩で登ると息があがります(笑

山の整備をするために作られた階段、この道を昨日の青年が一度に60キロも担ぎ何往復もしてくれたのです。

これからも山を維持し、手入れをするためには沢山の費用が要ります、私たちの願いが大きいほどきっちり見えないところを整備、どんなことも困ってからでは間に合いませんね。

心の草も崖も放置すれば茫茫、幸せへの目的が見えなくなってきます、くわばら….くわばら。

境内地はまだまだ整備が必要な危険箇所がありますので、立ち入りをご遠慮しているところが沢山ありますので、ご承知おきくださいませ。

2018-04-11 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment