春いく

昨夜から時おりの雨

本堂前の大きな三本山桜から舞いおりる花弁….

春から初夏への兆し、別れを惜しむべく、この季節に嵐が吹く

本堂横の色紅葉も、小さな手を広げはじめ、その手が飛んでしまわぬよう風にお願いです

熊井さん、お電話を致しましたがお留守のご様子。

もしも、このブログを見ていてくださるならばと….お手紙拝見しました。

明朝、お母様の御祈願を致します、少しでも不快が治りますように 合掌

2018-04-11 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment