長野の空

雨や風、雷と雹が降った長野、農家さんのご苦労が….

帰路のコースに必ず寄る「姥捨」というパーキングエリアがあります。

反対側にもあるのですが、こちら側の店舗やトイレに優しさを感じる、何故なのだろうかと考え今年三度目の今日も寄ってみた。

気に留めそうもないところへ目をやると、トイレの出入り口に手作りの折り紙花が季節ごとに変えてあり、店舗のひとへ聞いたところ清掃される方々が飾られるそうです。

やらなければならない義務を感じないはず、清掃の一人が利用される方の疲れが少しでも交通安全に繋がるといいねとの思いと、高齢となったお母さんが折り紙が大好きでしたが、見てくれる人もいないからとやめてしまい寝てばかりいたそうです。

娘さんが提案し、許可をもらい貼ったり置いたりしたのがはじまりとのこと、今では来月は何の花を折ろうかと楽しみになってから元気になったそうです。

持っていたメモに「ありがとう」と書き、感謝をその方にお渡しさせていただきました。

上を見るとツバメ!!

巣立ちの準備、この巣の下にも糞で迷惑や追い立てられないよう、可愛らしい工夫がしてありました。

何だかんだとても嬉しくなります、人の子育てもお互いを見守る優しさがあれば….

と、その時、車椅子用駐車場の車の端っこで何かが動いている!!

何羽かのツバメがその上を飛び交っている、走り寄ってみると飛行訓練中のツバメが車の上にとまったけれど滑り落ち、後部のハッチバックの隙間に足が挟まり、抜けなくなっている!!

すぐ、お店の人へ連絡!!

戻ってきたらいない、説明をしている足元のタイヤ付近に落ちて縮こまっていた、どうしたものか話をしていたときのこと。

男性三人が「大丈夫だよ」と、そばへ行くと力のない羽で飛び、すぐ近くに着地!

まずは飛べたことにお店の人や男性たち、通りすがりの方が「よかったね」と互いに笑顔を交わし。。。

年配の女性が「あんた達、うちの車になんかしたの?!」えらい剣幕、事情を話したところ「私が止めたときはツバメなんて一羽もいなかった、嘘言わないで!!」

ほんの少し離れたところにいるツバメを指差し説明、それでも「障害者だとバカにしているの!!」と胸ぐらを掴む勢いで大声を張り上げ….

男性陣も呆れ返り、ほっときなと目で合図、お店の人はありがとうございましたと頭を下げ戻られました。

「いい車だから、傷つけんなよ!!」の捨て台詞、毛頭そんな気持ちはない、それよりもツバメの足が心配だけれど遠くで暫し見守り…..高いところへ移動し一安心。

お店の人へ感謝とお礼を言いに行く途中、先ほどの女性ともう一人の女性その足元にお母様らしき方が車椅子に乗られていました。

通り過ぎる際「ほら、あの女だよ!!車を盗もうとした女!」「顔に似合わない根性しているよね」….怒るな、怒るな….

車椅子の女性が「あんな女がいるから、世の中は怖いわ!!あんた殴らなかっただけ偉いよ、殴ったら何するかわからん女だからね」

なんとまぁ、とんでもない女にされてしまったものです(笑

一部始終を見ていた他店のおばちゃん二人、実はこのお二人の言葉や笑顔にも惹かれてよるサービスエリア、ありがとうの五文字でもこのお二人からでる「ありがとう」は、お客様が息子だったり娘や孫達、友人へ掛ける言葉と同じ優しさを感じるのです。

今日は私服に帽子姿、おばちゃん二人がありがとうの次に「ちゃんと仏様が見てござるですよ」にっこり、おばちゃん達に一本取られました、まだまだ修行中な私です。

外はピカピカッ、どしゃ降り空模様、ツバメさんも頑張れ!!

今日もいい日やった

2018-06-12 | Posted in 日々のお便り2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 座敷オヤジ | 2018.06.13 9:24

ツバメを見守っていただけなのに車泥棒とは…濡れ衣もいいところですね!(怒)でも他店のおばちゃんの仰る通り、仏様は見てござるだと思います。自分も嫌な目にあったら次は良いことが起こる前ぶれと捉えられるようになりました。ヤモリも登場したことですし住職もきっと良いことがありますよ(^0^)

 wakei | 2018.06.13 21:56

座敷オヤジさん 寂しさと切なさが入り混じる荒天の一日でした。説明を聞こうとしない大人、偏見の目や疑いと押しつけ。。。今日はテラの月命日、ドンマイ♪です。ありがとうございます。

Comment





Comment