感謝

たくさんのお見舞いのお電話、メールまた応援をありがとうございます。

時折、強い雨を避けながら被災地方々の分もと頑張っておられます。

午後からは「地蔵盆まつり」の境内地へ下準備が行われる予定です、台所では各地からご恵送のお野菜をふんだんに使い、名も知られない頃からの信徒さん、元役員の方々が昼食作り♪

境内地境の草刈りは男性陣二人が南と北に分かれ、草刈機のエンジンも軽やかに夏刈りです。

町の電気屋さん二人は「地蔵盆まつり」の秘密仕掛けセット中、大阪・奈良チームの阿吽の呼吸もぴったり!!

黙々と本堂正面の草と向き合う園芸ガールズ、もう一人の園芸ガールズは裏庭をこれまた黙々、増えた園芸ガールズは瑠璃光院周辺を黙々。

境内地畑チームは頑張り親子さんがあっという間に黙々、それぞれが得意分野を活かし、自然にエリアが決まり進めていかれる。

こうしなければならないなどの枠がなくても、動かれその姿を見て新しい人たちが見よう見まねで覚えていく。

みなさんの心の中に、行事で参加された方々の安否とご無事を願い、いつもより黙々と進める手が早く感じます。

被災地の人々や全国の信徒さん、私達も頑張ります、みなさんも頑張って前を向き、必ずお会いしましょう!!

止まない雨はない!この先に晴れが必ず来る!!

 

2018-07-08 | Posted in 日々のお便り4 Comments » 

関連記事

コメント4件

 まこと | 2018.07.08 15:36

岐阜に特別災害警報の紫色の文字。ニュースを見る度に、ハラハラと心配が募って、みなさんどうしていらっしゃるのかと・・・。

お寺はお山の上でも、底へたどり着くまでの道がどうなっているのか。

でも、お祭りの準備が着々と進んでいるんですね。

皆さまの無事をお祈り申し上げます。

 wakei | 2018.07.10 17:03

まことさん 想定される全国の信徒さんが連絡をくださったり、連絡をしたり… おまつりは神様や仏様に楽しんでいただくおもてなし、人がたくさん集まり賑やかな姿をお見せし、喜んでいただく。まつりはそういうものだと祖父母から教えていただきました、予算ゼロからはじまるまつり皆さんが協賛や申し込みされ、特に地蔵盆は年に一度のまつりです。まつりを担って実行される人の中にも被災地、あるいは過去の地震で救われた方々が来られなくてもと頑張っておられる人へ声を掛けて下さいます。その一生懸命をお地蔵様は観ていてくださる。。。

 sweet | 2018.07.09 12:38

前田様
ご無沙汰しております。
天変地異 風水害 こういうニュースが
流れるとこちらのサイトにお邪魔して
しまいます。
今から17年前の東海大水害 私は、
名古屋市近く国府宮に住んでおりましたが、
タクシー乗車中 もう少しの所で鉄砲水に

今 こうして生きておりますが、感謝、感謝で
ございます。

大空 京平改め sweet でした。

 wakei | 2018.07.10 17:09

sweetさん 生と死は背中合わせ、こんな体験は誰もしたくはありませんね。先人達が経験したことをしっかり教え伝えていかなければと、生きていること自体が不思議そのものですもの、この難局のなか見えないところで踏ん張っていてくれる人々がいる。お陰様です。

Comment





Comment