祈り

午前のお勤めを納め、昼食をいただき台風対策へと汗する役員と信徒さん。

風向きと風力を読み、皆様方の「祈願のぼり」を守るため、その都度、据え方を変えています。

今回は、写真のように横置きというフェンスに負荷を掛けず、雨に浸からず、飛ばずの台風に合わせた置き方です。

毎回とはいかないのです、風向きが反対であれば谷へ落ちてしまいますから、なかなか自然を読むことは難儀です。

近隣も、のぼりを立てている寺社仏閣は真伝の「のぼり」が降りているか、そのままかなどを見に来ている様子。

21号の傷跡もまだまだ着手できず、24号を迎える。。。。。

全てが緩んでおり、倒れるものや飛ぶものが多く侮れません、どうぞくれぐれにも気をつけられ、大事ないことをお祈り申し上げます。

愛誠さん、海のない県へ初物をご恵送くださりありがとうございます。

2018-09-28 | Posted in 日々のお便りNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment