猫と悩み

昨日、地元をはじめご遠方より、お話を聞いていただきありがとうございました。

机を準備しているとき、何やら車のドアがバタン、バタン!と急ぎ開閉の音がしました。

嫌な予感と共に本堂横を猛スピードで走り抜ける軽トラック、悪さをした者の走り方なんです。

話会が終わってから….

ボツボツご参詣者が集まり、話始めると「にゃ〜ぎゃにゃ〜」窓の外からとんでもない泣声、とても話どころじゃない。。。

参加者と声を頼りに探す先に真っ黒な小さな猫がいた、ため息とともに秋を感じる、これからの季節は捨て猫捨て犬が多くなり、台風前にも毛並みがよく立派な体格をした大人の猫が捨てられていました。

気の毒になぁ….

捨てた人をたんと祟っておやり、猫にも犬にも可愛がって最後まで飼うと恩返しがあるんですよ、これ本当の話。

どんどんお寺へ寄ってきて、物陰に身を寄せている「可哀想に飼ってあげないのですか」私は以前にも書きましたようにお山の神様にお任せいたします。

一匹を可哀想と拾えば、百匹目はどうします?

私は百匹捨てないよう法話を続けます、野良と違い捨てるという行為には人が介入しています。

自分の子供だったら捨てられるのだろうか。。。

 

参加者にとって冷たいと思われたことかと。。。

そこへ弟さんが事故で重篤とのお参り、弟さんが少しでも楽になれるよう枕下へ入れるものをお渡しさせていただき、その際ご参詣者も居られお帰りになられるときに弟さんが楽になれるようお祈りすることを約束し、参加者へも私からの施しをさせていただきました。

これは販売しているものではありません、お姉様やご家族の願いが叶うといいですね。

そんなこともあり一時間オーバーの四時までお話をさせていただきました、ご参加の皆様、ご長座を有難うございました。

夕暮れの空を見上げると

玉龍のような雲、地震へさらに警戒しなければと思っていたところ、夜中に千葉県沖で震度4の地震、先日の埼玉県に引き続きカタカタ揺れる間隔が短くなっているような気がします。

中部でも三河湾のあたり700位の下で揺れが起きている、対策をほどこしておくことは悪いことではありません。

あの黒猫の運を見たところ引きが強い感がする、案の定、夜になり申し合わせたようにケージを持った親子とみられる女性が来られた。

斯く斯くしかじかとなり、暗闇の山をカンテラ付けて大捜索、もしや狸やきつね、猪あるいは暗闇でも狩をするカラスに食べられたのかも。。。

山へ犬猫を捨てると獣達の餌になることも覚えていてほしい、私のことを知っているようで「和慧さん、透しというのは無理ですか?」

あ、いや….

そうだ、お話した中の「ご回向」あの弟さんへ。。。

山の中で食べられておらず、うーんとあそこ!!

はい、そこにいました(笑

今朝、連絡があり雄「ムシン」と命名です。

ご参加の皆様、心を痛めておられたと思いますがご安心ください、皆さんの願いが御本尊様へ届き、ムシンの強い引き運が縁を結んだのでしょうね。

ひょっとして本物の「招き猫」かもしれません!!

群馬県より、大きな栗の供物、広島の小松さんより、香りのよい山盛りのきのこ、御本尊様とご先祖様、ジョニー君へお供えいたしました。

2018-10-04 | Posted in 日々のお便り1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 松惠 | 2018.10.04 13:54

長時間のフリー説法、ご住職お疲れ様でした。またご参加された皆様、良いご縁をいただきよかったですね。
そしてこの度の猫ちゃん「ムシン」君、新しい飼い主さんがお迎えに来てくださるなんて、よかったよかった。何度、こんな状況のワンちゃん、猫ちゃんをこのお山で見てきたことでしょう。お山の神様にお任せする事は心が痛むこと多く、カラスが騒げばその命を思い、姿が見えなければまた気にかかる。せめて飼ったのであればあずかった命を最期までみてあげてほしい。ず~っと住職がおっしゃられておられることです。ムシン君の新しい飼い主さん、お不動様のご縁の子、どうぞよろしくお願いします。昨夕は自宅から見上げた空も気にかかりました。地震への警戒、台風への警戒を高めます。

Comment





Comment