1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々のお便り

岐阜県は美濃焼の産地、十数年ぶりとなるでしょうか、午後より土岐市の窯元を訪ねました。

器を見ると想像力と優しさが蘇ります、ある人がいうには底があれば漏れないから何でもいい、そうかもしれませんね。

器を拝見すると、そこに盛り付ける料理を創造、食べて下さる人を思う。

大切なものを触る手が優しくなり、振る舞いも美しくなるから不思議、テーブルにドンと置かず引きずらず。。。

器の魅力が人を優しくするのかもしれません。

写真は器屋さんの玄関入り口の壁、焼き物も角度を変えてみれば色々な表情が見え楽しい、花粉のど真ん中を忘れさせてくれる時間でした。

 

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

error: このページはコピーが出来ません